​リフォームのご依頼についてご説明します
 

塗装済み完成品リビングルーム

​1. まずはご予算を明確にしてください。

リフォーム工事は何もないところから作る新築工事と違い、現況状態を解体してから希望通りに作り直す。という作業工程です。

現況状態の解体に関して「隠蔽部分が不明」「古い図面がない」「住まいながら工事するので作業効率が悪い」などのため、「見積もり金額が出しにくい」特徴があります。

なので予算にはある程度の幅を持たせておきますが、経験上 最初の予算よりも概ね1~2割くらいは 工事費はアップすることが多いです。

最終金額が上がってしまい困った ということがないように、最初からお客様のご予算を正しく共有しておくことが大事です。

男到達スター

​2. リフォームしたい箇所に優先順位をつけてください

上記のことから 予算厳守ならば希望のリフォーム箇所に優先順位をつけておくと良いです。

リフォームを必ずしたい箇所、できればやりたい箇所にわけておくやり方です。

​なぜリフォームしたいかという理由を明確にすると 分けやすいです。

請負人

​3. それでは 設計監理料についてご説明します。

設計事務所に依頼すると施工費とは別に設計監理料(後記します)がかかりますが、いくつかのメリットがあります。

●リフォーム箇所を工事が始まる前に詳しく図面等でお知らせします。

●インテリアデザインも考慮した素材・配置などを提案します。

●適切な金額でリフォームされるかをチェックします。

●工事中はお客様の立場で工事を監理して施工者に助言します。

●工事中に変更したい箇所がでてきた場合 施工者に適切に指示します。

●完成後は図面通り 工事が完了しているかチェックします。
 

*設計監理料  物件によって違いますが概ね工事金額の10%(注1)+諸経費+消費税         

     (注1)工事金額1000万円以下の場合は一律100万円となります。

ハヌカ

​4. まずはご相談ください。

地図、敷地、図面などの資料をご用意ください。

初日

 リフォームの場合はこちらから現地にお伺いします。

 ご相談後 ラフプランを作成します。(1回)

数日後

 ラフプランをご説明します。(この時点では見積もり金額はでません。) 

 

リフォームを依頼される場合は 弊事務所と設計監理契約を結んでいただきます。

契約成立後 

 詳しく打ち合わせをしながら リフォームプランを作成します。

 

工事業者に見積もり依頼をします。

 

​金額が予算オーバーとなれば、プランをやり直して、予算に近づけますのでご安心ください。

ギリシャ絵画

​5. リフォーム参考例(工事金額)

★トイレ・洗面所・ユニットバス+1部屋(10帖)増築→700万円+税

★キッチン+LDK(30帖)→800万円+税

★トイレ・洗面所・ユニットバス・キッチン+LDK+寝室→1700万円+税

​★トイレ・洗面台・ユニットバス・ミニキッチン+DK+洋室→1000万円+税

リフォーム工事は設備機器の種類・グレードにより大きく金額の差がでます。

また現況状況によっても大きく差が出ます。

参考例としてお考え下さい。

6.  リフォーム例(押入を改装)

​和室から洋室にリフォーム済のお部屋にある押入を改装して ベッド兼畳ソファ&収納吊り戸にしました。

不用品だらけだった押入を整理して 素敵なソファ&畳ベッド&収納に変身

しました。

​ビフォーbefbeforeorbebeforeforee

着工前1.JPG

before

着工前2.JPG

​after

1.jpg
2.jpg
1. 押入の襖を撤去 押入内部を分けていた縦の壁と中段を撤去
2. ベニア張りだった内部をクロス張りに変更
3. 襖の三方枠を白く塗装
4. Panasonicの畳が丘を取付 
5. 吊り戸 W600×3 を取付
​6. 上部に棚板を設置 
6.jpg
7.jpg

​Panasonic 畳が丘の 下部は引き出しになっています。

5.jpg

​横方向の壁の窓枠上部に 棚板を取り付けて 収納を多めにしました。